住む場所によって、一軒家とマンションの割合が大きく変わってまいります。

ですので、住みたい地域にどのような物件が多くあるかをよく知っておくことが必要になります。

そのうえで住む場所と物件を探してもらえればいいのではないでしょうか。

新居で住む新婚

地方すと、必然的に一軒家に住むことになりますが、街の方へ行きますとマンションの方が多くなっていきます。

いずれにしましても、住宅ローンを使って購入することになりますので、その点は変わらないのですが、環境や広さということでどのような部分で決めるかがとても大切です。

それは快適がどの部分で感じるかどうかにあるからです。

 

また、住宅ローンを利用するということはすぐにマイホームを得ることができるわけですが、物件の価格を確認して、毎月の支払金額などをしっかりと押さえておくことが必要になるでしょう。

そうすれば、無理をすることもなく、物件を購入することができ、マイホームを手放さない生活ができるのではないでしょうか。

もちろん、家族の人数や将来のことを考えた選択が必要にはなるわけですが、住宅ローンの利用によって、自身が思い描いていたマイホームを獲得して住むことができて、腰を据えて生活することができると思います。

それはマンションであっても、一軒家であっても住宅ローンの返済に関しましてはちゃんとしておかなければならないことを認識しつつ、楽しい日々を過ごしてもらいたいものです。

 

 

フェイシャルエステはエステサロンにいかなければどうしても出来ないのか?

エステサロンほどではありませんが、家庭用の美容機器やマッサージ器などは販売されていますし、自宅でのケア方法も紹介をされています。

しかし、どちらが効果的に確実に肌に働きかけられるかといえば、やはりサロンでのフェイシャルエステということになります。

フェイシャルエステ

そもそも、エステサロンに行くということだけで気持ちの持ち方が違います。

サロンの多くはリラックスして施術が受けられるような空間や雰囲気の工夫がされており、非日常的な雰囲気から贅沢感も味わえます。

自宅ではそのようなことはなかなか味わえないでしょう。

また、顔のマッサージを考えてみてもエステサロンのスタッフは顔に数多くある筋肉の流れというものを理解し、それ上手く利用してマッサージを行なっています。

これは素人ではなかなか出来る物ではありません。

間違った方法で自己マッサージを行なえば逆効果ということもなりかねませんので、事前に学習をしておくことが必要です。

そもそも、自分の思っている肌質やトラブルと実際のお手入れが合っているかどうか、間違っていては十分な効果の期待も難しいでしょう。

美容機器や美容化粧品類も市販品とサロン専用品ではどうしても差が出ます。

確実に効果を上げたい場合はフェイシャルエステを受けることが良いですが、どうしても都合が悪い場合は自宅でも工夫をしてケアを行なうこともひとつの選択肢とも言えるでしょう。

今日イオンに行ったら、エレベーターを降りた2階のところに「新入学コーナー」という売り場がありました。

気になってみてみると、なんとランドセルがかなり沢山展示されています。

2015年度新入生のランドセルを販売しているようです。

今ってまだ7月ですよね。

新入学は8ヶ月以上先です。

ランドセルってこんな早くから売ってるんですね。

 

でも学習机をまだありませんでした。

ランドセルを先に買って、それから学習机を買うような流れなのでしょうか。

確かにランドセルと学習机を一度に買うと、10万円以上するので正直しんどいですよね。

だから一つずつ分けて買うように、販売側で調整しているのかもしれません。

 

それにしてもランドセルって種類が沢山あるんですね。

ランドセル売り場

色だけでも、定番の黒や赤以外にもいろいろなバリエーションがありました。

デザインもかわいいタイプのものから格好いいものまで豊富にあります。

黒や赤の単色といったタイプは、かなり少なかったです。

選ぶ側の小学生としては、ランドセル売り場に行ったら目移りして困ってしまうんじゃないかと思います。

個人的には明るい水色やピンク色に違う色で縁取りがしてあるランドセルがかわいいなって思いました。

色以外にもびっくりしたのは、やっぱり値段が高いということです。

3万円以上から大体は5万円ぐらいします。

ご両親が祖父母に頼りたくなるのも分かります。

2015年度のランドセル人気ランキングはこちらからどうぞ→→→ランドセル人気ランキング

 

真夏日ですね・・・暑い

| 消費者市場 |

マジで暑いです。。。

部屋の中のデジタル時計の温度計は、33度。

パソコンを使っているから、どんどん温度が上がっています。

というわけで、扇風機を使っていたのですが、それでは耐え切れないのでクーラーをつけることに。

できれば6月からと決めていたけど、暑さに負けて使うことにしました。

許してちょーだい!

今スマートフォンを使っているのですが、最近よく電子クーポンが送られてきます。

LINEでフレンド登録している企業からクーポンが送られてきたり、後はマクドナルドに登録したメールからもクーポンみたいなのが送られてきます。

日経消費インサイト4月号によると、外食店での活用はハンバーガーがダントツでお店はマクドナルドが圧倒的に多いそうです。

二位以下は、ケンタッキーフライドチキンやモスバーガー、ロッテリアが続いています。

あと電子クーポンにもらって嬉しいのはコンビニのーポンですね。

コンビニのクーポンで人気なのは1位が唐揚げだそうです。

確かにわかるって感じですねぇ^^;

クーポンって40代以降の人は使うとき少し恥ずかしいらしいんですが、 10代20代は全然気にせず使ってると思います。

気にせず使えるばいいのにと思いますけどね。

だって使って欲しくて、お店側も出しているんだし。

最近はクーポンがないと少し損をしたような気持ちなちゃいます^^;

それはそれで困ったものですが・・・w

韓国LG電子のスマートテレビが売れているみたいですね。

地デジバブルが弾けて以降のテレビハード業界では、メッチャ健闘しているようです。

人気の理由として一番目を引くのがく「マジックリモコン」です。

マウスを動かすような感覚で操作できるのが、今の時代にマッチングしていのでしょう。

【スマートテレビの特徴】
1,SNS機能
2,アプリ追加で拡張機能に優れている
3,スマホやタブレットとの連携
4,映像配信やWEBサービスなどのインターネット接続が簡単
5,テレビ放送の受信

こんな感じで、いろいろな機能が利用できます。

私も映像配信でhuluを利用しています。

 

それにしてもパナや東芝よりもLGが先行しているのはどうしてでしょうか。

ハード的には独自パネルが斬新だったり、「パッシブ3D方式の採用」などが挙げられます。

もちろんマジックリモコンも人気の理由です。

 

日本の電機メーカーはLGやアップルには勝てないのでしょうか・・・。

これからの奮起に期待したいと思います。

 

 

消費ウォッチャーの2012.9号でドライヤーに関する調査が発表されていました。

ドライヤーの使用率は女性で86%、男性で47%だそうです。

男性の半分も少ないかと思うけど、女性って100%じゃないんですね。

実に14%の人がドライヤーを使っていないという事実に驚きです!

対象年齢は、20~69歳の男女1000人なので、高齢の方で使っていない人が多いのかもしれませんね。

 

ドライヤーに求める機能としては、髪を早く乾かすが90.1%ということです。

男性的な意見かと思いきや、女性が92.3%、男性が86.7%と女性の方が多いということです。

考えみたら、男性は短髪なので乾きは早いですが、女性は髪の毛が長いので乾かすのに時間が掛かるのでしょうね。

それだけに少しでも早く乾いたほうが嬉しい!ってことなのでしょう。

 

ドライヤーも家電量販店で美容家電などのコーナーに置かれるなど、機能的にも充実していきています。

ナノイオンだとか頭皮ケア機能を備えているものもあり、女性に選ばてれいるようです。

価格が安いは選ぶ理由の3位ということで、ドライヤーに関しては機能重視ということになっています。

 

ドライヤーを使わない人の理由として「必要性を感じない」という人が56.1%いるそうですが、そのうちの大半がはげているのでしょうか。。。

 

最近は女性に負けず劣らずの美容マニアな男子が増えているようです。

9月号の消費者ウォッチャーでも、そんな男子に関する調査レポートが掲載されていました。

 

最近の20代男子は、スキンケアはもちろんのこと、眉毛の形を整えたり、あぶらとり紙をよく使ったりするそうです。

女性並みのお手入れには抵抗感がなく、自分に自信を持つために身だしなみを整えている男子が増えています。

 

夏場などは制汗でにも気をつけて、デオドラント剤を使ったり、あぶらとり紙を使ったり、汗対策は万全のようです。

また、肌へのコダワリもあって、週1回以上化粧水を使うという男子が9割前後いたそうです。

おどろくのはファンデーションやメイクをする男子も2割り程度いるそうで、夏の紫外線対策の一環なのでしょうか???

 

これらの男子はスキンケア以外にも、下着やメガネなどファッションにもお金を掛けています。

「ブランド品はデザインや品質が良い物が多い」ということで、ブランド志向も高いようです。

それだけにオシャレに使うお金も多くなり、金銭的に余裕のある男子がこの傾向にあります。

 

自分に自信を持つためということでしたが、もちろん女性からも汗臭い男よりはモテることもあって、オスとしての本能がメスへの擬似化を促進しているようで少し滑稽です^^;

美容に熱心な男子が増えると、女性も本気で美容に取り組まないといけなくなりそうですね。

日経消費者ウォッチャー7月号によると、スマホでネットショッピングをする人の平均使用額は月に5070円だそうです。

この金額は思った以上に多いですよね。

スマホは携帯よりもPCに近いと思いますが、私はショッピングするならPCでしたい派なので・・・^^;

でも、友達とかで集まっている時に盛り上がってスマホから買っちゃうなんてことは・・・あり得ますよね。

確かにそういうときって、すぐに買いたくなるからなぁ・・・

出先でウインドーショッピングして、ネットの方が安かったらそこから申し込みたいし。

そう考えると月に5000円くらいなら買い物しちゃいますよね。

例えば、通勤の時にスマホから注文したり、「買いたいけれど買いに行く時間がない!」って時に便利ですし・・・。

なんか考えだしたら、メッチャ便利な気がしてきました。

私もこれからどんどんスマホを使って行きたいと思います。

ちなみにスマホよりもタブレット端末の方が利用額は高いそうです。

月に7980円平均ということで、2000円くらいは高くなっています。

確かにタブレット端末の方が、画面が大きくて買い物しやすいですね。

なんか調べていくと納得の結果だったということでした。。。

う~ん、何を買おうかな!?

日経消費者ウォッチャー2012年7月号に

「今の会社で定年」、男性新社会人は5割

という記事が掲載されていた

 

2012年の新社会人に調査したところ、第一希望の企業に入社した人は40%に低下しているそうです。

私からすれば4割の人が第一希望の企業に入社できているということのほうが驚きですが・・・。

勤務先の満足ポイントは、
1,人間関係がよい
2,雰囲気が合う
などの仕事とは別の領域で企業の良し悪しを考えているようです。

このような意見を聞いている、学生意識がまだまだ残っているのかなって感じに思います。

満足度に職務内容が上位を占めていないのでは、社会人としてどうかなって思います。

仲良しクラブでなないのだから、仕事をするものとして職務内容について良し悪しを判断しないというのはいかがなものかと・・・。

 

それでも定年まで働きたいと考えている人は5割もいるというのですから驚きです。

5割といえども、今の不況時代に転職はリスクが高いという考えから、一つの会社にしがみつきたい人が増えているように思えます。

最後までこの会社で仕事を貫いていこうという覚悟ではなく、職を失うよりもその場でじっとしていようという感じでしょうか。

 

これから社会の波で揉まれていくと、どんどんと考えも変わっていくでしょうが、前向きに上昇志向で変わっていって欲しいと願います。